History

高栄運輸の歴史

「安全はすべてに優先される」

創業から約40年。その道のりすべてが成功であったわけではありません。
しかし、いつの時代も大切にしてきたのは、失敗に目を背けないこと。
そして従業員の声を真摯に受け止めてきたからこそ、「今」の発展があるのです。
「安全」を第一に、これからも物流業界の模範となるべく進化してまいります。

主な沿革と出来事

昭和48年8月
高栄運輸有限会社設立
(資本金300万円)
平成3年10月
高栄運輸株式会社に組織変更
資本金1,000万円に増資
平成7年4月
冷凍食品輸送事業を開始
平成11年11月
千葉県船橋市に千葉営業所開設
平成15年3月
資本金6,000万円に増資

順調に事業規模を拡大。あわせて従業員も増員。

平成15年4月
栃木県宇都宮市に宇都宮営業所開設
平成16年5月
資本金9,500万円に増資
平成19年1月
立川本社全車両に
デジタルタコグラフ導入
平成22年
労働問題勃発

従業員への待遇面などで配慮をしていたつもりであったが、さらなる改善努力が必要と判断。より安全な職場環境・従業員への配慮を目指す。

平成22年6月
グリーン経営認証取得(立川本社)
平成22年9月
立川本社全車輌に
ドライブレコーダー導入

ドライバーの安全性をより高めるために、立川本社すべての車輌にドライブレコーダーを導入。

平成22年12月
安全性優良事業所認定証取得
(立川本社)

安全性に対する施策・実績が認められ立川本社で全日本トラック協会より「安全性優良事業所認定優良証」を取得。

平成24年9月
つばさトラック共同組合に加盟

お客様のご要望に対して、従業員に無理をさせることなく、幅広く柔軟に応えられるよう、共同組合に加盟する。

平成24年9月
精密機械輸送部門が
KOEIロジスティクス(株)として
独立

現在

組合を通じたサプライチェーン・マネジメント、
3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)体制を構築中。
顧客満足度、従業員満足度ともに高い組織を目指す。